2013年08月24日

グラボ増設しようとして失敗した話

こんばんは、やしへいです。
この前グラボを増設しようとしたら、見事に大コケした話を。
続きを読む


拍手する
posted by シス研P at 00:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | リレーブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

deploygateつかってみたよ

さんだーです

最近Androidアプリの勉強をしています。といっても書籍などではなくネットで調べながら適当にです。
とりあえず開発環境作ってネットからコードコピペしてきて手元で適当に動かすだけでも楽しいし興味をもつ良いきっかけになると思いました。



おもしろそうなものはどんどん使ってみます。
DeployGateを使ってみました。
deploygateはmixiが開発したAndroidアプリ開発者向けサービスです。サイトにapkファイルをアップロードするだけで開発メンバーの端末に配布されるので、最新の状態のAndroidアプリを開発メンバーに配布したりするのにとても便利です。有線接続でちまちまデータ渡すよりは段違いに楽です!
これならシンガポールと日本で離れていても開発できますね(?)

登録したらアプリ作ってなくてもすぐにサンプルで試せるので一度やってみると面白いとおもいます!


後輩の皆さんは知らないかも知れませんが開発したのはこの部活の大先輩です。二人のチームで作ったってびっくりですねー。


次はやしへい君です。


拍手する
posted by シス研P at 21:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | リレーブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

プレゼンテーションをつくるにあたって

最近「あんな人になりたい」と思っていた人にはなれず,「あんな人にはなりたくない」と思っていた人になっている気がするじゅりあんです。

何やら聞いた話だと9月末ぐらいに部内でプレゼン大会があるらしいので,今回はプレゼンについて。
情報工学科(他の学科はしらない)の学生である以上避けて通れないのが「プレゼンテーション」です。
そんなプレゼンテーションでは最低限守るべきことが存在します。
ですが,先生達は至極あっさりとしか教えてくれません。まぁプレゼンの専門授業があるわけではないので仕方ないですが。

というわけでプレゼンテーションで最低限必要なことをここに書き記しておこうかなと思います。
別にこれが全てというわけではありませんし,プレゼンの大先生を名乗るつもりもないのですが,軽く読んでおくと今後色々便利かもしれません。

続きを読む


拍手する
posted by シス研P at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

SX-150買ったったwww

大変遅れてすみません、おやゆびです。
この一週間、大阪行ったりキャンプ行ったりで全然更新できませんでした。申し訳ないです。
すみません許してください、何でもしますんで!

突然ですが、アナログシンセというものをご存知ですか?
アナログシンセとは、つまみをギュイーンってして鍵盤を叩くとバリバリかっこいい音が流れる楽器です。
僕はこの前のリレーブログで「Auduino作るぞー」と言ってたんですが、作らずにシンセを買っちゃいました。
それが「SX-150」です。

大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル (Gakken Mook 別冊大人の科学マガジン) [ムック] / 大人の科学マガジン編集部 (編集); 学習研究社 (刊)

これです。これには鍵盤は無いんですが、頑張って演奏してる人もいます。僕には真似できないんで完全にリードシンセの後ろで鳴らす用に使います。
そうして出来た曲がこちら!  ・・・と言いたいところですが、これから作ります・・・はい。
次はじゅりあん先輩です。


拍手する
posted by シス研P at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | リレーブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

「MicroAVS」トイウナゾノナニカ

こんにちは、りょうちゃんです。
ブログの更新が遅れてしまい、大変申し訳ありません。
ようやく書けそうなネタが見つかりました。

2年生のプログラミングの宿題をやっていると、
「MicroAVS」というソフトが出てきました。
詳しくはホームページにて↓
http://www.cybernet.co.jp/avs/products/microavs/

数値をグラフや図形で表現、いわゆる可視化することで
その数値がもつ特徴を見ることができるように、と開発された
ソフトのひとつが、この「MicroAVS」というものだそうです。

そんな「MicroAVS」ですが、何とソフトのインストーラが
教科書付属のCD-ROMに入っていました!
早速インストールしてみようと起動してみると、、、
16ビットアプリケーションはサポートされてないだとか出てちゃいました。。。
(ちょっと時間がかかりそうなので少し放置)

雰囲気としてはこんな感じです↓
20111215-1[1].png

そして、グラフィックスを作るために必要となるデータを作成するプログラムです↓
(ここでは波のようなグラフィックスになる)

[avs_sample.c]

2013y08m06d_160924199.jpg
(見えますかね...)

いくつかMicroAVS用のファイルが放り込まれています。。。
このプログラムをコンパイルして実行すると、以下の2つのファイルが生成されます。

「avs_sample.fld」・・・データファイルに関する情報が記述されている
「avs_sample.dat」・・・実際の数値データが書き込まれる

この2つのファイルが、MicroAVSで処理を行うための
フィールドファイル(.fld)とデータファイル(.dat)です。

そして、フィールドファイルを「MicroAVS」で読み込むと。。。
2013y08m06d_163524520.jpg
(ピンぼけしてます。すみません。)

こんな感じなのが出てきます。ほんとに波だけ。。。


せっかくなので、もうひとつあげさせていただきます。

[graph_avs.c]

2013y08m06d_164446215.jpg

このプログラムは、3次関数の f(x)=x^3-x においてxの値が-1.5〜1.5まで変化した場合の
計算結果をグラフ化させるというものです。

以下、同様の手順でやってみると。。。
2013y08m06d_163552682.jpg
(またまた激しいピントずれすみません。)

左側が2次元、右側が3次元となっています。
見事なグラフとなりました。

こんな感じで数値のままでは行いにくい、全体を広く見渡した上でデータを分析するといった作業が
この「MicroAVS」等を通して簡単にできるということです。
興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

次回はおやゆび先輩です。


拍手する
posted by シス研P at 17:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

タブレットでDebian、タブレットでoneko

こんぬつはPUHITAKUです。
ちょっとここ数日でおもしろいことやってました。
(Flashの道連れになって記事の一部が飛んだのは内緒)

「7000円の中華タブレットにDebianを入れる」

2013-07-31 01.02.22.jpg
なんとまあ、素敵な響きなんでしょう(棒読み)
組み込み環境の裏で動くOSをハックしたりするのが大好きな人にとってはワクワクする単語じゃないんでしょうか。
そう、事の始まりはというと、先日実家に帰省し机の引き出しを開けると懐かしいタブレットが姿を表したからなのです…
続きを読む


拍手する
posted by シス研P at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | リレーブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2007-09 SYSKEN All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。