2008年09月15日

シス研コンテスト作品レビュ

シス研コンテストの作品のレビュを書いてみた。
辛口なのは許せ。

1.飛べ!
どうしてもこの難易度で行きたいなら、
せめて開始直後はもう少し易しくすべき。
開始直後は簡単→1秒後にはこの難易度、なら許す。
あとはもっとグラフィックに力を入れろ。
お前の限界にはまだまだ余裕があるはずだ。

2.UFOの川
ステージランダムはやっててつまらん。
なんとなく作ってみたという感じしか伝わってこない。
あと、スコア画面を思わず飛ばしてしまう仕様は変えるべき。

3.3DCG集
がんばりが伝わってきた。乙。
構図とか研究するといいかも。あと、何らかの主張。

4.パラ落ち 〜ネピィの大冒険
規模がでかい。突っ込みどころが多くて省略。

5.LoCo-Type
ただのタイピングソフト。
工夫も何もない。

6.シス研部員勧誘ポスター
特に何とも。

7.Pane Ruri
ダウンロードした中に入ってなかった。
早く完成させろや、ボケェ!

8.僕のプログラムが5秒で作った音楽
自動生成にしてはすごいと思う。
でも曲としてはフツー。

9.iTadaChanとか
iPodに接点の無い自分としては、
フーン、で?って感じ。

10.スナドリ
何に使えるのかよくわからなかった。
見て楽しむのが目的なら、もっとビジュアルに工夫すると良いかも。

11.こいつを見つけろ
技術的にどうこう、とかしか思わなかった。
どうせ作るならもっと工夫すべき。

12.HellRevival
なかなか好き。
オチをつけてほしかった。

13.リカイフカノウ
開始直後が面白かった。
もっと内容を考えて作って。

14.七不思議の学校
うん。動画かゲームか、もっと活かせる形にしたほうが良いかも。

15.33秒アニメ
動きが面白かった。
ストーリー的なものはなかったが、動きそのものが面白かったので
これはこれで良いかと。

16.名刺
なんともコメントし辛いが、
その調子でデザインセンスを磨いてくれ。

17.XXXG-01 W
アニメとか見ないので、何とも。
何か工夫してほしい。

18.ブローチ・EDGF1
ゲームに使ってみるとかしたほうが、評価はしやすい。
単品だけだと何とも。

19.3DCG「銀河鉄道の夜」
技術の高さは評価できる。
構図とか工夫したほうが良いと思った。

20.くそゲー
判定がシビアなのはもっと緩くしたほうが遊びやすい。
途中連打をやめなければ進めないところは、よくできてると思った。
次はくそゲーじゃなく、完成度の高いものを作って欲しい。

21.98式魚雷 仮
軍艦とかその辺の知識が皆無なので、
何とも思えなかった。
題材はなんでも良いが、折角作るなら起承転結を考えるべし。

22.アムロ's Dooor
なかなかがんばってると思う。
元ネタ?を見たことがあったので、新鮮さに欠けた。
次はオリジナルストーリーでチャレンジ。

23.重力
単品で出されても、で?で終わってしまうと思う。
ので、ゲームにするとか、もっと工夫するとか、
娯楽性を持たせるのが良いかと。
それかシミュレーションを強化して、
現実世界に近づけるか。

*総評*

何を目指して作っているのか、作者も判っていないような作品が
多かったと感じた。
技術を磨くため、が目標なら大いに結構だが、仮にも
おおやけに公開するものなんだから、もっと考えて作って欲しい。

とりあえず作者は、自分の作品を振り返って、
その作品を通してやりたかったor伝えたかったorなりたかった...etc
ことを、一言で説明しろ。
作りたかったから、でも結構だが、なら公開するな。
これからは、何を為したかったのか、自信を持って答えられる目的を持って、
活動してほしい。
以上。





拍手する
posted by シス研P at 01:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

SOMの学習結果

どうもtakaです。
ikoaがSOM(Self-Orgnizing Map:自己組織化マップ)をがんばってるようなので
卒研で久々にがんばってみました。

結果

何やったかというと
前にいったかもしれませんが
SOMとは初期状態にランダムにパラメータが入っているマップ(今回は2次元配列)に対して
ある入力を入れると、その入力のパラメータとSOMのマップのパラメータの差がもっとも近いマップの位置を調べます。
そして、その周辺のマップのパラメータをその位置に応じて入力パラメータに近づけていきます。(これを発火という)

これを繰り返すことによって入力のパラメータが近いものがマップ上でまとまりを作っていきます。


これがSOMの基本概念でした。

で、今回のは
入力としてA〜Hの記号の特徴を用いてSOMに対して学習を行い
発火した箇所に入力した記号を出力したものです。

これで何ができるかというと
未知の入力を入れた場合、その入力は発火した箇所に記憶された記号と判断することができます。(無論失敗することもあるけど)
さらには例えばEとFが隣接する箇所が発火したとするとそれはEっぽいFだったりFっぽいEだったりすることが分かったりします。

つまりは、人間が行っているようなファジーな認識を行うことが可能になるわけです。




以上です。なんとなく分かってもらえたでしょうか。

まだまだ、改良の余地があるのでがんばって研究していきたいです。



そいうえば、シスケンコンテストが近づいてきてます。
みんながんばって作品作りましょう。


拍手する
posted by シス研P at 16:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

 

080831_1014~0001.jpg
雑誌に載ったよ


拍手する
posted by シス研P at 15:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

 

懲りずに投下。

けいしです。

アトリエミュート、リニューアルするかも(何度目?)。

リニューアルするたび、方向性を変えてますが、
今回もです、前回までの反省点を活かしつつ……。



今作ってるゲーム、リニューアル記念に公開しようと思います。

ゲーム作らないとか言っておきながら、勝手だなぁと自分でも以下略。

どんなゲームかと言いますと、
過去作ったゲーム『ぱねるっ』のリメイク版です!

って言うと、恐らくがっかりすると思うので、補足。

対戦ゲーだったのをやめて、一人プレイのアクションものにします。
つまり、まったりステージを進んでいく感じです。

更に、パラ落ちでの経験をコールバックさせて、
1.ワンプレイが短い
2.パラレル要素
3.ルーレットのような、ストレスとなる要素は排除
を心がけていこうと思います。

ただ、3に関しては、
個人的にどうしてもギャンブルという概念を活かしたいという願望があるので、
プレイ開始直後にのみ、なんらかの運的なものを設置するかもしれません。
それは失敗だろ! と思った方がいれば、助言して欲しいかも…です。
ギャンブル…。パチンコや果ては大富豪(トランプ)まで、運要素が重要な役割を担っていると思います。
扱い難しいですが、どうにかならんかねぇ。



あと思ったのが、僕に足りないものは、信念・こだわりだと思うのです。
なんだか、何でもアリな感じになってるのが、失敗の原因ではないかと。

つーか、夏休みって終わるの!?


拍手する
posted by シス研P at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

 

もう、ずっと僕のターンな。

けいしです。久々に活動報告。

の前に一言。
部屋を片付けたら、イヤホンが10個確認された。



最近は専ら、クォリティの高い曲を聴いて、
激しい劣等感に死にたくなるのを、繰り返しています。

なんていうか、
『自分なんて存在価値無いんだよ、しねよ!』
と、
『劣等感の重みに死にそう、たすけて……』
を、繰り返してる感じ。

更に、クォリティが高いくせに、
パッケージが(安直に)萌え萌えしてたら、
もう、『ふざけるな!』と言いたくなってきます……(涙)

ここで取る行動は、果たしてどれが良いのだろうか……。
1.戦う
2.逃げる
(3.卑怯な手段にでる)


拍手する
posted by シス研P at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

 

誰も書き込まねー
けいしです。暇つぶし投下。

そういえば、デジ検と間違えて受けたCG検定ですが、
マルチメディア検定2級(エキスパート)と、
CGエンジニア検定2級に、合格しました。

ちなみに、両方合わせて1日しか勉強してなかった。



実は、今まで受けた試験

津山高専入学試験
実用数学技能検定準2級
基本情報技術者試験
マルチメディア検定2級
CGエンジニア検定2級
和歌山大学編入試験
豊橋技術科学大学編入試験

には全て受かっているという、負け知らずです。

今年度は残り、ソフトウェア開発技術者試験と、
色彩検定2級を受ける予定なので、
結果をお楽しみに。


拍手する
posted by シス研P at 05:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

 

けいしです。
流れが止まっているようなので、投下。
ちゃんと連絡はしているので、僕のせいではないよ。



夏休みの主な損益。

自動音楽生成ソフト、OPUS:オーパスを開発しましたが、
それによる利益が、10,400円に達しました。
10時間の活動だったので、時給換算1,000円を無事突破。

バイトや請負の仕事等で、6時間労働。
結果、60,000円の利益。

大学の入学祝いを祖母から。
30,000円の利益。

トータルして……大体、時給6,000円ってとこか。


拍手する
posted by シス研P at 20:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

Objective-Composing

けいしです。
ブログの流れが止まっているので、書き込み。
別にバトンは拾わないので、リレーの方は早めにどうぞ。



僕はプログラミングと作編曲を主なスキルとしていますが、
両方を上手く活かした、画期的な手法を思いつきました。
その名も……

Objective-Composing
(オブジェクト指向作編曲)

作編曲で扱うさまざまなものをオブジェクトとして考え、
それらを抽象化・カプセル化・多態化・再利用化しながら、
超効率的に作編曲していこうというものです。

これはいける!

というわけで、これで何か出来たら、アップしようと思うので、
期待してお待ちください!



パラ落ちの全体的な遅さ(メッセージスキップがないなど)は、
始めは若干の違和感を感じるかもしれませんが、
これは、プレイヤーが現実(リアル)のペースでプレイしているからです。

しかし、これに違和感を感じなくなったとき、
すなわち、パラ落ちのペースでプレイできるようになったとき、
プレイヤーはパラ落ちの世界観に移入する割合が、通常よりも高くなっているといえるでしょう。

これは、パラ落ちに限ったことではなく、さまざまなゲームにも当てはまりますが、
こうなれば、そのゲームの面白さを、通常の何倍も感じることができるので、
ゲームの魅力を最大限に引き出すことができるのではないでしょうか。

もし、パラ落ちにメッセージスキップを付けたなら、
プレイヤーは、プレイヤーの置かれている現実(リアル)のペースでプレイするため、
中途半端な姿勢でやることとなるでしょう。

こうしてみれば、パラ落ちの遅さは、欠点とは一概に言えないのでは?


拍手する
posted by シス研P at 00:34 | Comment(5) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

以下略

けいしです。

おの先輩に、散々かつ具体性の乏しい評価を戴いたので、
敢えて釣られて反発してみます。



おの先輩は、もっと広い視点で物事を捉えたほうが良いと感じます。
おの先輩の中で、ゲームとはどういうものかという概念が固定化されすぎて、
そのスカラー的な物差しでしかゲームを評価できていないように思えます。
これは、おの先輩曰く、経験の乏しい僕はもちろん、
他の人からの意見としても、一致しています。

その根拠の1つを、僕は、おの先輩の作るゲームに感じています。

おの先輩の作ったゲームは、おの先輩の中にしか殆ど存在しない、
閉鎖的な独自ルールに沿って作られているように思います。
これは、その物差しで測ると、実に高い評価が与えられる作品となっているかもしれませんが、
物差しを持っていない大多数の人からすると、まあ普通のゲームです。

ここで言う物差しとは、おそらく、繰り返しプレイすることで磨かれる腕と、スコアとが絶妙にかみ合うようなものを指すのだと考えていますが、
逆に言うなればこれは、最も高いスコアを出すプレイスタイルが、プレイヤーからも容易に想像でき、
いかにそれに近づけられるかを努力するようなゲームとなっていると言えるかと思います。

そんな作業、プログラムにでもやらせたらどうでしょうか。

まあもちろん、そういった部類のゲームが好きという人も少なくなく、
それはそれで結構かと思いますが、
少なくとも、僕はその方向を目指していないことを明記したいと思います。

僕は、アニメの作画や動画がどうかとかよりも、そのアニメを見ることで得られる感情(もちろん、少なからず作画や動画が関わってくるが)を重視したいのです。
ゲームのスコアシステムがどうか、とか、そんなのは2の次と捉えています。
僕がゲームで作っていきたいのは、未知に触れるときめきや、輝くような純粋な感動や、夢のようなわくわく感です。
それは、論理ではありません。言葉ではありません。
『厳重に調整されたシステム』ではありません。
音楽のような、物語のような、現実世界のような、
でこぼこだらけだからこそ生まれる感動を作りたいのです。

おの先輩には、もっと色んな視点で僕のゲームを見てもらいたいです。
パラ落ちは、システムを考察するゲームではありません。
もしも、おの先輩が批判した部分が、僕の予想と見当違いなところであるならば、
是非とも改善点を戴きたいものですm(__)m


拍手する
posted by シス研P at 01:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

byte

けいしです。
バイト始めました。

ところが、なんと、モビ○クの比じゃねー!



自宅でハァハァしてるだけで、
1週間で70000円!
しかも前払いだから、既に手元に!

それなんて、ゴールデンウィーク(笑)



もちろん、働くからには、金額以上の成果をあげるつもりです。
そして、得たお金は、アトリエミュートの発展のためにつぎ込むので、
『おごってください』と言われても、おごりません。
念のため。

910君と二人でフィーバーしてきます|ミサッ


拍手する
posted by シス研P at 15:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2007-09 SYSKEN All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。