2013年12月17日

JOIの予選参加しました

どうも、puhitakuです。
昨日JOI (Japanese Olympiad in Informatics, 情報オリンピック)の予選がありました。
JOIは競技プログラミングの世界大会IOIの国内版で、予選と本選を勝ち抜き全国4本の指に入ると世界大会のIOIに出られるという大会です。

JOIの出場は2年生までなのですが、予選だけなら年齢に関係なく参加することができます。
そこで、予選現場の監督兼腕試しとして4年の私も参加しました。
予選中の様子はこちら(津山高専「最近のできごと」のページに飛びます)
右上の赤いのが私です。

一旦会場の準備をしたあと私用で会場を出たんですが、用事をほげほげ済ませてたら予選開始に遅れてしまいました。(監督なのに…)
JOIはルール上音楽を聴きながらプログラムを書いても問題ないので、SoundCloudでDJセッションを聞きながらやりました。
へらへら書いてたおかげであまり頭のクロック周波数も上がらず、解くのが遅い上にバグ連発でした。Visual C++のウォッチ機能には本当に助けられました(笑)

まだ問題の内容については触れないほうが良いと思うので詳しくは書けないんですが…
毎度のごとく問題文に登場しては、友達がいないにもかかわらずパーティーを計画したり、一人すごろくをして楽しんだりするJOI君のいつもの奇行は今年は鳴りを潜めたかと思われました。
しかし!!今年もやってくれました、JOI君。今年はJ君・O君・I君に分裂したり食べ物を汚く食べたりと相変わらず健在でした。

私は遅刻したこともあり4問目 (第1→2→3→6問)を解く途中で終わってしまいましたが、2年生の中には3問解けた子もいたのでこれまで啓蒙してきた甲斐があったなと思います。


拍手する
posted by シス研P at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | リレーブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Copyright © 2007-09 SYSKEN All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。